沿革

南給の歴史

昭和43年 12月
創業者である知識正が、(有)南日本給食品センターを設立。資本金150万円。
昭和44年 6月
川内川大洪水により全商品が流失・冠水。
昭和44年 6月
社屋・倉庫・冷蔵庫を新設。
昭和47年 2月
仕出し部を新設。
昭和47年 3月 
九州電力火力発電所の社員食堂を委託運営。
昭和49年 11月
社屋・倉庫・冷蔵庫を新築移転し、社名も(株)南給と改称。
昭和50年 9月
鹿児島市に営業所を開設 第2号冷蔵庫を新設。
昭和53年 12月
本社を鹿児島市錦江町12-13に登記し、本部を川内市西開聞町12-21に置く。
社屋・倉庫を新築し、10周年記念式典を開催 資本金を1,200万円に増資。
昭和54年 3月
フーズフェア開催(10周年記念)。
昭和54年 12月
鹿児島市新栄町21番地16に社屋、冷凍冷蔵庫を移し、本社登記する。
昭和55年 7月
県立川内商工高等学校の生徒会館食堂を委託運営。
昭和57年 1月
本社を鹿児島市新栄町13番地12に移転登記し、社屋・冷凍冷蔵庫を増設。
昭和58年 1月
コンピューターを本・支店に導入。
昭和58年 1月
川内支店に大型冷凍冷蔵庫を新設。
フ-ズフェア開催(15周年記念)。
昭和58年 11月
九州電力原子力発電所の保修食堂を委託運営。
昭和58年 12月
設立15周年記念式典及び講演会を川内市民会館にて開催。
昭和61年 1月
宮崎県都城市都北町4977に都城営業所を開設。
昭和62年 7月
関連会社として(株)ジーピーフ-ズを設立。
昭和63年 7月
フーズフェア開催(20周年記念)。
平成元年  4月
(株)ジーピーフ-ズ、冷凍食品協会認定工場となる。
平成2年 4月
宮崎市島之内7086に宮崎営業所を開設。
平成4年 2月
資本金を2,400万円に増資
平成4年 4月
(株)エヌ・フーズを設立(仕出し部の独立)
平成4年 11月
本社新社屋落成、鹿児島市西別府町2995番地6(鹿児島市流通業務団地内)に新築移転
平成9年 10月
(株)ジーピーフ-ズ隣接地に大型冷凍冷蔵庫を新設
平成10年 2月
創立30周年記念式典及び講演会を開催
平成10年 7月 
宮崎営業所を新築移転(宮崎市日の出町164)
平成12年 9月
川内支店を新築移転(薩摩川内市上川内町桜井原5283番地1)
平成13年 8月  
店舗開発部を開設
平成15年 3月
ミート事業部を開設
平成15年 5月 
鹿児島本社の社屋を増改築(ドッグシェルター完備)
平成18年 3月
酒類の取扱いを開始(酒販部を開設)
平成18年 5月 
宮崎営業所を新築移転(宮崎県宮崎市島之内9217番地46)ミート加工場を増設
平成21年 2月
創立40周年記念式典を開催
平成22年 12月
鹿屋市に鹿屋営業所を開設 
平成24年 3月
本社に大型冷凍庫を増設
平成25年 8月
創立45周年記念展示会開催
平成25年 9月
ECONAN商品の取扱いを開始
平成26年 8月
創立45周年記念式典を開催
平成27年 5月
鹿屋営業所を新築移転(鹿屋市東原町2836-1)